ニュース
ライブ/イベント
2022/8/12

「真夏の全国ツアー2022」東京公演 一般発売が8月13日(土)12:00スタート!

「真夏の全国ツアー2022」東京公演の一般発売が、8月13日(土)の正午12:00よりスタートいたします。

皆様のご参加、お待ちしております!

本公演は新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに準じて開催致します。
ご来場のお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご協力、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


<公演情報・日程>
乃木坂46 真夏の全国ツアー2022

<東京>明治神宮野球場
8月29日(月)
開場 15:30 / 開演 18:00  
8月30日(火)
開場 15:30 / 開演 18:00  
8月31日(水)
開場 15:30 / 開演 18:00  

*早川聖来は体調不良により休演とさせていただきます。


[お問合せ] ライブエグザム お問合せフォーム  https://www.liveexsam.co.jp/contact/



<料金>
―指定:9,800円(税込)

―親子・女性エリア:9,800円(税込)

―見切れ席:8,000円(税込)
<見切れ席の注意事項>
※ステージ演出の全部、メンバーまたはステージが見えにくいお席となります。
※座席位置によって、見切れの度合いは異なりますのでご注意ください。
※視聴環境を理由にした、ご購入後の返金、座席の振り替えはできません。

―ステージバック席:5,000円(税込)
<ステージバック席の注意事項>
※ステージ裏の席となります。メンバーやステージ演出はご覧いただくことができません。
※音が聞き取りにくい、機材音が気になる可能性がございます。
※見えない、聞き取りにくい、気になるという感覚は個々に差がありますので、予めご了承ください。
※視聴環境を理由にした、ご購入後の返金、座席の振り替えはできません。


※入場時に来場者全員の身分証確認を実施させていただきます。
本人確認ができない場合には入場をお断りさせていただきます。
※3歳以上は有料となります。 ただし座席が必要な場合は2歳以下でも、1名につき1枚のチケットが必要です。
また、2歳以下のお子様で座席が不要な場合、保護者1名につきお子様1名のみ膝上で鑑賞可能です。
※親子席は3歳〜小学生(12歳)までのお子様とその保護者が対象となります。
※親子・女性エリアの入場口にて、親子であることを証明するもの(例:保険証・住民票等、写しも可)をご提示いただく場合があります。親子であることが証明されない場合、チケットをお持ちでもご退場いただく場合があります。予めご了承ください。
※本公演は「チケット不正転売禁止法」の対象公演です。
※全てのお客様の手荷物検査・金属探知による検査を行います。
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがあります。
※出演者は予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


<ご来場のお客様へのお願い>
本公演は従来の「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に準じて開催いたしますが、今後、政府・自治体および関連団体よりガイドラインの変更等が発生した場合、それに応じて本公演での入場ガイドラインの変更・収容人数の変更等が発生する場合はございます。あらかじめご了承ください。

*制限枚数:お一人様2枚まで
*新型コロナウイルス感染拡大状況、政府・自治体および関連団体より要請・指導があった場合、本公演の無観客開催・延期・中止など、予定を変更する場合がございます。
*本公演の座席数は厚生労働省のガイドライン及び会場の定める規約に準じて収容人数を設定しております
*公演中止・延期の場合を除き、個人的な体調不良および新型コロナウイルス感染によるお客様のご事情による払い戻しはできませんのでご了承ください。
*チケットのご購入に関しまして、ご自身の体調や環境などを考慮のうえでよくご検討いただき、慎重にご判断くださいますようお願いいたします。
*今回のチケット販売は、「電子チケット(スマートフォン専用)」/「紙チケット」を選んでお申込みできます。
*お申込み、来場前に必ずオフィシャルホームページにて「有観客公演開催についてのガイドライン」を必ずご確認ください。
  ガイドラインはこちら


--------------------
<プレイガイド> ※先着順の販売となりますので予定枚数に達し次第、受付終了となります。

●楽天チケット
http://r-t.jp/nogizaka46


*チケットには、お申込み者、同行者のお名前が印字されます。
お申込みの際は、来場者のお名前にて必ずお申込みください。
*お申込み後の氏名変更はお受けいたしません。チケットに印字される氏名は、お申込み時の登録情報です。
ご家族間、ご友人間であっても譲渡は固くお断りいたします。
いかなる理由があろうとも、ご変更は受付いたしませんので、お申込みの際はお間違い・ご入力漏れの無いようご注意ください。
*ご入場いただけなかった場合でも、チケット代金等の返金は一切行いませんので、ご注意ください。
*本公演の「Ticket Exchange」受付の実施はございません。何卒ご了承のほどお願いいたします。
*本公演は「チケット不正転売禁止法」の対象公演です。


■お1人様2枚まで
■転売の為のご購入は固くお断り致します。オークションサイト・金券ショップ・個人間での売買で購入されたチケットは、その有効性を一切保障いたしません。チケットの譲渡・転売は固くお断りいたします。
■当日、車イスでのご来場はスペースを準備するため、お手数ですがチケットを購入された後、各公演2日前までに各お問合せ先にご連絡をお願いいたします。その際、氏名・電話番号・座席番号・同行者の有無(氏名)を教えてください。追って入場方法をご案内します。介助が必要な方のみお連れ様は1名様まで一緒にご覧いただけますが、必ずチケットが必要となります。また状況によってお連れ様はご自身のお席でご観覧をお願いする場合があるかもしれません。
確認のため、障害者手帳等の証明書を拝見させていただく場合がございます。
■お席によっては演出の一部が見えない、または見えにくい場合がございます。予めご了承ください。
■座席は通路を挟んだり、前後となることもございます。予めご了承ください。
■ご購入されたチケットは、理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはお受けできません。
■チケットは購入後(決済・支払完了後)、購入完了画面や、受付完了メールに記載の引取受付期間内にてお受け取りいただけます。
■購入時、チケット代の他に送料・システム利用料等、各種手数料が必要となります。
■中止等の場合、送料・各手数料は返金いたしませんので、予めご了承ください。
■電子チケット(楽天チケットアプリ)受け取りを選択された場合、、決済・支払完了後、当選メール等に記載の引取受付期間内でチケットの受け取り、アプリへの表示が可能となります。
 対応端末や注意事項などは、お申込み前に以下サイトにてご確認のうえお申込みください。
https://ticket.rakuten.co.jp/features/eventgate/configuration.html/



本人確認書類について
顔写真付きのものであれば、1点をご持参ください。下記の本人確認書類がその対象となります。
※全てについてコピーは完全に不可です。現物をご持参下さい。
※本人確認ができない場合には入場をお断りさせていただきます。ご入場いただけなかった場合でも、
チケット代金等の返金は一切行いませんので、ご注意ください。
※12歳までのお客様は【健康保険証】の1点ご持参でもご入場いただけます。


(1)パスポート
(2)運転免許証(公安委員会・警察庁発行の物に限ります。)
(3)写真付き学生証(名前が手書きでも可)
(4)住民基本台帳カード
(5)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
(6)在留カードまたは特別永住者証明書
(7)顔写真付きクレジットカード
(8)個人番号カード(マイナンバーカード)

※個人番号カード(マイナンバーカード)を身分証明書として利用される際は、表面(写真のある方)のみをご提示ください。裏面(個人番号が印字された面)を提示されないようご注意ください。
なお、本人確認の際に、当社が個人番号カード(マイナンバーカード)の裏面を見ることはありません。
※個人番号(マイナンバー)の通知カード(個人番号が印字された写真のない紙のカード)は身分証明書として使用できません。
※「taspo」は不可といたします。ご注意ください。

・上記(1)〜(8)をお持ちでない場合は、下記(a)〜(f)の2点,もしくは(a)〜(f)の1点と名前が印字されているもの1点以上で確認をとらせて頂きます。(名前の手書き不可。)
(a)保険証
(b)住民票
(c)戸籍謄本
(d)戸籍抄本
(e)印鑑登録証明書
(f)年金手帳

※公的証明書はいずれも、公的に発行された状態のままお持ちください。
また住民票、戸籍謄本、戸籍抄本については発行後半年以内のものとします。(コピー不可)

■名前が印字されているものの例
社員証・顔写真の無い学生証・クレジットカード・キャッシュカード・診察券
※全てについてコピー・手書き・期限切れは完全に不可です。
※公共料金(電気、水道など)請求書や各種郵便物の類は、名前が印字されたものであっても不可となります。
※<名前が印字されている物>のみは不可となります。
(たとえば、社員証1点のみ、診察券2枚は不可)公的証明書1点がベースにないといけません。


◎保険証の貸し借りは法律で禁止されております。
また、本人確認書類の細工・偽造、偽造した本人確認書類の使用は全て犯罪行為です